本文へスキップ

市民の役に立つ仕事をする人こそ市役所職員に

株式会社大谷場教育研究所

info[at]siyakusyo.net

スーパー職員養成講座RECRUIT

目指すは「キミ、前にも別の市役所に勤めてたの?」と面接官に思わせるほどの即戦力アピール。

ライバルに先回りして、10年間のキャリアを経験したうえでの知識やスキル、考え方をもって面接試験に臨むという戦略で、みんなと同じような模範解答しか用意していないライバルたちに圧倒的な差をつけるというのは、どんな気分でしょうか。

元プロフェッショナル市役所職員から、面接官が欲しくてたまらない「スーパー職員」になるための知識や考え方、スキルを余すところなく、有望で意欲のあるあなたに。

第2部は、本研修全体で最も重要なパート。実際に市民の役に立つ仕事をするために必要なスキルや考え方を身につけます。
実際に職員に採用され実務にあたる際にブチ当たるさまざまな壁(クレーム、仕事上のミス、忙しさ、メンタルヘルス、意欲の減退など)に対する「免疫」をあらかじめ獲得し、実務上の試練に際しても「あそこに書いてあったアレね」と落ち着いて向き合えるよう、具体的な事例を豊富にお示しします。
スペシャルオファーとして、各講義の合間に、見習うべき「スーパー市役所職員」の例として5人ほど紹介しています。どんな先輩がお手本として登場するでしょうか?そしてそれは1年後のあなたかもしれません。
(すでにリリース済みのサイト、メルマガ、ブログ記事と内容の重複するものが含まれます。)

ライバルたちを出し抜いて先にスーパー職員になってから、面接試験を受けるというやり方
・目標は「前にも別の役所で仕事してた?」
・「スーパー職員」とは何か
・本当の「スーパー職員」になるには
・「99」は多いか少ないか
・面接官が受験生を測るモノサシとは
第1講
仕事がデキルには
・頻出面接問題〜求められる公務員とは
・「仕事がデキル」とは
・「仕事がデキナイ」とは
・演習「こういう職員にはなりたくない」
・演習「こうはなりたくない」という職員にならないためには?
・こういう職員にはなりたくない!10選
・面接官もこんな人物は落としたい
・丸投げ体質
・専守防衛
・過剰防衛
・先例主義
・判断回避
・後ろ向き志向
・ヒエラルキー志向
・おしゃべり大好き
・排他主義
・他力本願
・演習「こうはなりたくない」をひっくり返すと?
・丸投げ体質をひっくり返すと
・専守防衛・過剰防衛をひっくり返すと
・先例主義・判断回避をひっくり返すと
・あらかじめ自分の「答え」を持て
・自分の「答え」が難しければ材料を用意する
・後ろ向きをひっくり返すと
・ヒエラルキー志向をひっくり返すと
・「デキル」「デキナイ」を分けるもの
・やってくれる「誰か」になる
・負のスパイラルに陥るな
・こういう職員になりたいvol.1
第2講
定時までに仕事を終えるには
・頻出面接問題〜残業大丈夫?
・公務員は「定時帰り」ではないの?
・毎日16時間戦エマスカ?
・時間外勤務は本当に頑張りなのか?
・市民は結論の出ない談義に1.25倍の税金を払いたいか
・「アブラ売り」で儲ける
・サービス残業ならいい?
・こなしきれない仕事をこなすには
・こなせない仕事を断るというソリューション
・こなしきれない仕事を定時までに終えるには
・捨てても大丈夫なの?
・ミスしたらどうすんの?
・ミスを怖がり過ぎると・・・
・スーパー職員は自分のせいにする
・「ラクしたい」仕事スタンスはご法度か
・こういう職員になりたいvol.2
第3講
誰のための「接遇」か
・頻出面接問題〜市民から信頼される公務員とは
・なぜいまここで接遇なのか?
・役所のいう”接遇の大切さ”
・市民は「お客様」なのか?
・コンサルタントという視点
・わかっていない接遇の本当の意味
・接遇で決まるあなたの評判
・接遇はデキル・デキナイのバロメーター
・市民=お客様ではいけないもう一つの理由
・「民間」「業者」と言うな
・接遇演習問題〜ことばづかい
・「お役所コトバ」を意識せよ
・熟語は平たく言い換えて
・接遇演習問題〜お役所熟語
・丁寧過ぎると「慇懃無礼」
・タメ口は使うな!
・「親しみやすさ」の勘違い
・「親しみ」過ぎると
・まだあるこんなNG接遇
・接遇は技術(テクニック)
・接遇は心を込めて
・心を込めない方がいい場合
・期待値を下げる
・こういう職員になりたいvol.3
第4講
あなたとわたしのメンタルヘルス
・頻出面接問題〜クレーム大丈夫?
・頻出面接問題〜ストレスをどう解消する?
・平穏な市役所職員ライフに忍び寄る脅威
・外部ストレス要因と内部ストレス要因
・外部ストレス要因は避けられない
・逃避的な発散は一時避難に限る
・落ち着いたらフィードバック
・外部ストレスにこの対応では悪循環
・ストレスをいい仕事で解消という方法
・イヤなことを先延ばしにするとストレスが増す
・同僚は敵にも味方にもなる
・同僚の固定観念がデキナイ職員を作り出す
・同じミスでもデキル職員の場合は
・勘違いには要注意
・新人1年目で居心地の良い立ち位置を
・気づかぬうちにメンタルヘルスの加害者に
・いかなる場合も人をバカにしてはならない
・ある大ピンチのはなし
・救いにならない救い
・窮地を救ってくれた「神対応」
・あなたとわたしのメンタルヘルスの守り方
・仲間が窮地に立たされていたら?
・プッシュ型の仕事からプル型の仕事へ
・こういう職員になりたいvol.4
第5講
ほんとうの公務員倫理
・頻出面接問題〜公務員の不祥事に対する考えは?
・頻出面接問題〜公務員バッシングをどう思うか?
・地獄はいつだって口を開けて待っている
・「弱さ」を常に意識せよ
・個人情報が命取り
・自分は悪くないのに悪いヤツのせいで
・納入事業者の独占状態を許す「職員の都合」
・自分が「お客様」だと勘違いするな
・納入事業者側や上司の甘言に負けるな
・成果を吸い上げるだけの役人になるな
・こういう職員になりたいvol.5
第6講
法律・財務会計・ITリテラシーは、うまく「デキル」職員に見せられるスキル
・民法のテキストは捨てるな
・「市役所の職員さんがこんなことも知らないなんて」
・市役所職員はみんな法律家
・法律・政令・規則とは
・法律・政令・規則の具体例
・法律と条例の関係
・条例・規則・要綱とは
・法律家でもないのに条例作れるの?
・数字は扱い方次第
・数字はエクセルに計算させる
・資料作りはデキル職員の必須スキル
・資料づくりを超えて、効率化のツールに
スパイラルアップに終わりはない
・頻出面接問題〜失敗体験とその克服
・「99」はやっぱり多かった?
・失敗しよう
・成功しよう
・スパイラルアップのためのカンタンな方法

注意事項【教材購入前に必ずご確認ください】
■本教材は、市役所職員採用面接試験対策を目的としていますが、いわゆる面接テクニックで受からないはずの人を受からせるものではありません。
■むしろ、「市民のために役立つ仕事をする気持ちは負けない自信があるけど、面接試験は自信がない」という、本来「受かるべき人」が受かるよう応援する教材です。
■ただし、教材の面接回答参考例を覚え込んでそのまま言うのではなく、必ず自分自身の経験や考えを織り込んでください。
■したがって、合格保証をするものではなく、弊社では試験結果に対する責任は負いません。
■内容は編集時点での正確さの確保に努めておりますが、制度改正等により実際と異なることがあります。
■教材で紹介する事例や人物については、守秘義務を順守するため、個人を特定されないよう改変を加えてあります。
■サイトやメルマガ、ブログですでにリリースした内容を含みます。
■ダウンロード版のコンテンツはすべて、PDFファイルの圧縮形式(zipファイル)で提供されます。
 (Adobe Acrobat Reader 無料ダウンロードページ(アドビ社)へ
■商品画像にあるスマートフォン本体は付きません。
■繰り返しますが、一般的な面接テクニックではありません。逆に、市民に役立つ即戦力としての知識やスキルを身につけて、それを面接試験でアピールするための教材です。この趣旨に賛同される方だけお求めください。

お求めはこちらから
・・・【一般・学卒受験者用】ご購入はこちら 
・・・【社会人経験者用】ご購入はこちら
 
(電子書籍ASP「インフォカート」を利用しています。)

教材全体カリキュラム一覧に戻る

バナースペース

本研修教材第3部の一部は無料メルマガで配信しています。購読は次のフォームから。
メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

採用前市役所職員研修センター
株式会社大谷場教育研究所

〒338-0002
埼玉県さいたま市中央区下落合5-10-5

お問い合わせ info[at]siyakusyo.net
TEL 048-799-2193(平日9:00〜17:00)


採用前市役所職員研修センターコンテンツ
採用前市役所職員研修センタートップページ
PDF教材無料ダウンロードキャンペーン
教育方針
教育方針に対する反論・クレーム
研修教材内容
 ・第1部「即戦力になってから面接に臨むという戦略」」
 ・第2部「スーパー職員養成研修」
 ・第3部「差がつく!市役所面接試験対策」
 ・特典付録「市役所事務仕事の実際」
志望理由・志望動機を掘り下げるには
民間転職者に求められるものとは
キャンペーン
価格
新着情報・FAQ
研修受講者アンケート
運営会社概要
アクセス
お問い合わせ
プライバシーポリシー
特性商取引法に関する記述